『 Ribinet 』の活動

>

Ribinet ( 福祉理美容師ネットワーク ) は

ネットワークグループ内で定期的に行われる情報交換会などを通し

訪問理美容業務などのスキルアップを図るだけではなく

現在まであまり横 のつながりを持たなかった業界の裾野を広げ

より専門性・安全性の高いサービス提供が できるような活動や

『 理美容師ができること 』と題して、様々な社会貢献活動を行っている団体です。

 

 

理美容師法で決められている、理美容師が出張できる場合とは

1. 疾病などの理由により、理美容所に来ることができない場合

2. 婚礼などの儀式の直前に施術を行う場合

3. 理美容所以外の場所で業務を行うことがやむを得ない場合

とされています。

 

 

とかく福祉や訪問理美容などの名称で活動していると、

介護のイメージが強く、高齢者に相対する事がフォーカスされがちですが、

理美容所に来ることができない方の中には、様々な事情をお持ちの方がおられます。

 

1. アナフィラキシーショックなども引き起こす、薬剤アレルギーなどをお持ちの方

2. パニック障害・引きこもりなどの精神障害などをお持ちの方

  1. 幼少期からのてんかんや広汎性発達障害などをお持ちの方

4. 事故の後遺症や脱毛症、がん・難病を患い外部との接触を避けざるをえない方

5. 高齢や身体の影響、住宅の環境上等で外出が困難な方

など様々なケースが考えられます。

 

 

私たち、Ribinet / 福祉理美容師ネットワークは

理美容師法にも定義される『 訪問理美容 』に準じた

専門性・安全性の高いサービス提供ができるような

情報交換会やセミナーを定期的に開催し環境を整備すると共に、

社会福祉( 「 しあわせ 」や「 ゆたかさ 」を意味する言葉で、

すべての国民に最低限の幸福と社会的援助を提供するということ )を重んじ、

福祉理念のもと、社会性のある理美容師任意団体を目指しております。

 

 

また、『 理美容師のできる社会貢献 』として

『 スマイルプロジェクト 』を2014年度より発足。

小児がんや事故等で髪の毛を失った子どもたちに

医療用ウイッグをプレゼントする『  ケアウイッグ 』

ケアウイッグの作成に必要な毛髪の寄付をいただく『 ヘアドネーション』

 

理美容室で使われ破棄される使用済みのカラーチューブを回収させていただき

リサイクル費用をスマイルプロジェクトに充当させる『 カラーチューブリサイクル 』

などの理美容師社会貢献プロジェクトも積極的に行っております。